結婚活動をしている人のなかには結婚を考えたとき相手に何を求めるかと聞かれた

結婚活動において、結婚相手に求める条件としてお金なんかより愛情に重きをおいてい…

婚活(結婚活動)において、結婚を考えたとき、一番に何を求めるかと聞かれたときお金以上に愛情を優先していると言う人もいるかもしれません。ですが、現実、プロフ欄でまず最初に目が行くのは顔なんです。次に年収、次に職業がチェックされます。そういう根拠として、ルックスがよくない人、は婚活では人気が全くありませんし、年収が500万円に満たない男性の場合ですと、会うこともできないのです。職業に関して女性の場合は、いい歳なのに家事手伝い、と記入すると、家計をともに支える気持ちがない人、と男性から判断されてしまい、結婚対象としてスルーされる可能性が高いです。といったように婚活で最も重視されることを疎かにしていると、会って話をする段階すら踏めず、気づけば何十連敗、、、と最悪な状況に陥ってしまうおそれがあります。

恋愛から結婚していくのは、いろんなハードルがつきものといえます。

恋愛から結婚、となると壁も多いです。具体的には、自身と相手との相性や生活の相違を否定しないかどうかです。相性に関して言えば、趣味が同じであるとか、好きなものが似ている、でしょうか。そして、価値観に関して言えば、大切なものは何か、といったことになるかと思います。お金・友達・家庭などそれぞれに感じる価値観は個人によって違います。生活に関しても、細かく言うと朝起きる時間や、寝る時間も違って当たり前です。すべてが一緒でないとうまくいかないわけではありません。また、似通っている必要もないのです。上記にも述べたように、容認できるかどうか、です。また見た目で判断すれば結婚には繋がらないのです。ただし、解釈を変えると、その点をクリアすれば、婚活は楽になります。とにかく、相手の内面を知らない限りは、結婚にならないのが現実です。ですから婚活を今後考えるのなら、相手の中身まできちんと観察する能力が必要となります。人の内面を見る力が優秀であれば、婚活もかなり楽になるのは間違いありません。

お見合いパーティーなどの婚活イベントにはいろいろな方が…

お見合いパーティーには様々な方が参加されています。婚活イベントにも関わらず、結婚相手ではなく女友達とか合コン相手を求めている方もいらっしゃいますし、真剣に交際する相手や将来の結婚の相手を探しにきた方も多くいらっしゃいます。女友達やコンパをする相手を探しにきた場合は、先の婚活につながることもあります。ところが、参加者の中にはまじめに付き合う気持ちなど全くなくて、今日一晩の遊ぶ相手を求めている場合も残念ですがあるようです。私が会った男性の中に、「今晩一緒に過ごしませんか?」と口を開くなりすぐ尋ねてきた男性がいました。とっさに「は?」と聞き返してしまったのですが、彼は「夏なので解放された気分だから、女性もそういう気分で来ている人が絶対いるはずだと思った」ということだったのです。正直、ドン引きしてしまいました。私は当然お断り申し上げたのですが、私を誘ってきたその男性は最後にはめでたくカップル成立していたので、参加されていた女の人の中にも本当にそういった考えの人がいたという訳になるのです。このことは、とても驚いたことでした。

結婚活動で相手と話をするときには、話しのパターンとして趣味を質問されること…

結婚活動で出会った異性と話をするとき、話しのパターンとして趣味を質問されることがとても多いものです。そして私は気づきました。それは「ジム通い」または「映画鑑賞する」と返答する人が私が結婚活動で話をした相手の50%を占める勢いで多いということです。結婚活動でするパーティーに出てみると、確率的に2~3人と話せばひとりがジム通い、もしくは映画鑑賞と答えるので本当に驚きでした。本当にそうなのかはそのどちらかが趣味かどうか、についてはわからないのですが、婚活パーティーに参加するならあなた自身もジムを利用してみたり、(ジム通いは結婚活動のためとはいえ健康的だし自分のためにもなります。一石二鳥です。)話題の映画ぐらいは観ておくと話しのきっかけにもなるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です