「婚活」カテゴリーアーカイブ

結婚活動に取り組んでいるなかで疲れを感じてしまったら

あなた自身が結婚活動に取り組んでいるなかで疲れを感じてしまったら・・

あなた自身が婚活を続けていて、疲れてきてしまったら、迷わず休むようにしましょう。集中して、結婚活動をやっていても、パートナーと出会えず、嫌になってしまい、落胆してしまうということは珍しい話ではありません。マイナス思考担っている、と思ったら少し気持ちを休めてみましょう。向かい風の状況だと、努力しても、思うような成果は出ません。風向きは時間の経過とともに変化し、突破口も見えてくるので、その時まで婚活から離れ流れが変わったときに、結婚活動を再スタートさせればいいのです。結婚活動を成功させるには、精神的にゆとりも必要です。そのため、焦らないように気をつけましょう。

地元が主催している婚活を目的に行われたイベントに出席しました。そのときは…

少し前に、私は地方密着型の結婚活動が目的のイベントに参加したことがあります。そのときは自分でも満足のいく、良い結果を出すことができました。その婚活(結婚活動)イベントでは特定の職種に限られておらず色々な仕事の人が集まっていたのですが、普段、あまり接点のない相手とも話ができたし非常に楽しかったです。色々な話をしたのですが、異性と話がはずんだのは恋愛の話でした。私の持っている恋愛に対する価値観や結婚観などをかなり真面目に語ったたのですが、そのせいか、「真面目なタイプ」と捉えられていたようです。それが良かったのか、異性からの評価がかなり高かったのです。婚活(結婚活動)目的のイベントでは自分の誠実な部分をアピールすると良い結果が出ると感じました。

40歳をを過ぎても、結婚相手がなかなか見つからな…

40歳を過ぎた人たちが、結婚相手に巡り合うことができない、それが理由で結婚できない、は言い訳です。年齢が40を超えていようとも、本当に結婚したいという気持ちがあって、断られてもめげない人がいつかは結婚の可能性はあるはずです。40歳を超えてなお独身でいる男女は、それぞれがいろんな経験をしていることもあって、結婚相手の性格は、こうでなくてはならない、また、年収や容姿はこうでなければとさまざまな要求をしすぎていることが結婚の妨げの原因になっていることが少なくありません。要するに、自分の価値観によって、婚期を遅らせてしまっているのです。さらに、40歳以上の方は、一人でいる期間が長かったこともあり楽をしたい、自由でいたいと思う傾向があって、なぜか相手に対して求めることも高くなってしまうのです。自分では気づきにくいことなのですが、冷静に考えてみると、単に「高望み」しているだけだったりします。

「結婚には興味があるけど、まだ結婚活動をするのは早すぎる・・

「将来的に、結婚はしたいけれど、今はまだ婚活をするのは早いかも」なんて考えているのなら、実はその認識は正しくありません。特にあなたが女性の場合は、できれば、20代前半から結婚活動をしておいた方が無難です。男性からすると20代と30代以降を比べると、正直、需要がかなりの差になって現れます。言うまでもなく、若い女性の方が有利となり、理想に近い相手との出会う可能性も格段に高いのです。また、婚活は自身で予測している以上にパートナーを見つけて結婚するまでに時間がかかるものです。結婚活動歴が数年あるのに、あなたの理想とする相手に巡り会えないというようなケースはかなり多いのです。従って、「こんなはずじゃなかった」と後悔する前に、できるだけ、将来を見据えた行動をしていくことをお勧めします。

これまで婚活についてあまり知識のなかった私が婚活をしていくために学んだこと

婚活についてあまり知識のなかった私の場合、婚活の成功確率を上げるために…

  • それまで婚活に関してあまり知識のなかった私は結婚活動(婚活)を成功させるために、テレビ番組の情報から学びました。テレビで、婚活で努力している人を見ていると、なんだかやる気がでます。そうしているうちにどうせなら自分も婚活でするパーティーにも参加してみようと思ったのです。またその手のテレビでは、婚活している様子だけでなく婚活の攻略のコツなどが紹介されていました。そういったことの知識の乏しい私にとっては多くのことを学ぶことができましたし、そこで、「自分を飾りすぎないこと」が大事なんだと悟りました。どういうことかというと、自分を飾ることなくさらけ出すことで相手も信用してくれるのです。このテレビでの情報を生かして婚活を成功させてやろうと思います。

  • 結婚活動では、お酒との付き合い方には充分に注意しましょう。

  • 真面目に結婚活動で成功したいなら、アルコールの扱い方には注意しておきましょう例えば、アルコールを飲むことで性格が豹変してしまう方なんかは、大変にまずいです。実際、普段は優しい人なのにアルコールを飲むと横柄になったり態度が豹変する人もいます。近年、女性でも男性のようにアルコールを飲むことも少なくないので、男性も女性も、お酒が原因で良縁がダメにしないように飲む量を考えておきましょう。どうしても、あなたが、お酒の趣味を捨てられないのならば、お酒好きの異性との出会いを増やすか、つらいとは思いますが、結婚活動を成功させるためと腹をくくり、思い切って断酒することも選択肢に入れてみるのはいかがでしょう?

  • もしあなたが、本気で結婚活動している、パッと結婚してしまいた…

  • もしあなたが、真剣に婚活に打ち込んでいて、すばやく結婚する相手を見つけ結婚してしまいたい、と思っているのなら、相手もあなたと同じレベルのはやく結婚したいという相手を探しておかないと夢のまま終わってしまいます。ご存知かどうかわかりませんが婚活でするパーティーでは、真剣にパートナーを探しに来る人、恋愛相手をカジュアルにもとめている人・婚活初心者の、という人など、実にいろんな人によって構成されています。あなたと同じくらい本気な人を見つけたいなら、一人で参加している人を探してどんどんコミュニケーションを図ってみてください。というのは、基本的に、ひとりで行動している人というのは、複数人で参加している場合と比べると、結婚願望が強い人が多いと言えるからです。

  • 近年の婚活事情では、男性の年収が300万円ぐらいの場合だ…

  • 近年の結婚相手を探して婚活するのでは、年収300万ぐらいの男性に関しては、はっきりいって資格のある女性は大きな強みになっています。ところが年収が500万円程度の場合だと、アルバイトレベルでもいちおう働く意思を持っていると、専業主婦にはなりたくない、という気持ちを表明しておきましょう。さらに上、つまり相手の年収が700万円クラスの場合なら、専業主婦になり、きちんと子育て・家事全般にがんばるつもりであることを訴えるのが望ましいです。こういった形で相手のニーズを掴むと、相手は将来に安心感を覚え、パートナーとしての信頼を勝ち得やすいのです。それに、時間をムダにすることなく、女性側が婚活の選択肢を増やせます。