アーカイブ

結婚活動に取り組んでいるなかで疲れを感じてしまったら

あなた自身が結婚活動に取り組んでいるなかで疲れを感じてしまったら・・

あなた自身が婚活を続けていて、疲れてきてしまったら、迷わず休むようにしましょう。集中して、結婚活動をやっていても、パートナーと出会えず、嫌になってしまい、落胆してしまうということは珍しい話ではありません。マイナス思考担っている、と思ったら少し気持ちを休めてみましょう。向かい風の状況だと、努力しても、思うような成果は出ません。風向きは時間の経過とともに変化し、突破口も見えてくるので、その時まで婚活から離れ流れが変わったときに、結婚活動を再スタートさせればいいのです。結婚活動を成功させるには、精神的にゆとりも必要です。そのため、焦らないように気をつけましょう。

地元が主催している婚活を目的に行われたイベントに出席しました。そのときは…

少し前に、私は地方密着型の結婚活動が目的のイベントに参加したことがあります。そのときは自分でも満足のいく、良い結果を出すことができました。その婚活(結婚活動)イベントでは特定の職種に限られておらず色々な仕事の人が集まっていたのですが、普段、あまり接点のない相手とも話ができたし非常に楽しかったです。色々な話をしたのですが、異性と話がはずんだのは恋愛の話でした。私の持っている恋愛に対する価値観や結婚観などをかなり真面目に語ったたのですが、そのせいか、「真面目なタイプ」と捉えられていたようです。それが良かったのか、異性からの評価がかなり高かったのです。婚活(結婚活動)目的のイベントでは自分の誠実な部分をアピールすると良い結果が出ると感じました。

40歳をを過ぎても、結婚相手がなかなか見つからな…

40歳を過ぎた人たちが、結婚相手に巡り合うことができない、それが理由で結婚できない、は言い訳です。年齢が40を超えていようとも、本当に結婚したいという気持ちがあって、断られてもめげない人がいつかは結婚の可能性はあるはずです。40歳を超えてなお独身でいる男女は、それぞれがいろんな経験をしていることもあって、結婚相手の性格は、こうでなくてはならない、また、年収や容姿はこうでなければとさまざまな要求をしすぎていることが結婚の妨げの原因になっていることが少なくありません。要するに、自分の価値観によって、婚期を遅らせてしまっているのです。さらに、40歳以上の方は、一人でいる期間が長かったこともあり楽をしたい、自由でいたいと思う傾向があって、なぜか相手に対して求めることも高くなってしまうのです。自分では気づきにくいことなのですが、冷静に考えてみると、単に「高望み」しているだけだったりします。

「結婚には興味があるけど、まだ結婚活動をするのは早すぎる・・

「将来的に、結婚はしたいけれど、今はまだ婚活をするのは早いかも」なんて考えているのなら、実はその認識は正しくありません。特にあなたが女性の場合は、できれば、20代前半から結婚活動をしておいた方が無難です。男性からすると20代と30代以降を比べると、正直、需要がかなりの差になって現れます。言うまでもなく、若い女性の方が有利となり、理想に近い相手との出会う可能性も格段に高いのです。また、婚活は自身で予測している以上にパートナーを見つけて結婚するまでに時間がかかるものです。結婚活動歴が数年あるのに、あなたの理想とする相手に巡り会えないというようなケースはかなり多いのです。従って、「こんなはずじゃなかった」と後悔する前に、できるだけ、将来を見据えた行動をしていくことをお勧めします。

これまで婚活についてあまり知識のなかった私が婚活をしていくために学んだこと

婚活についてあまり知識のなかった私の場合、婚活の成功確率を上げるために…

  • それまで婚活に関してあまり知識のなかった私は結婚活動(婚活)を成功させるために、テレビ番組の情報から学びました。テレビで、婚活で努力している人を見ていると、なんだかやる気がでます。そうしているうちにどうせなら自分も婚活でするパーティーにも参加してみようと思ったのです。またその手のテレビでは、婚活している様子だけでなく婚活の攻略のコツなどが紹介されていました。そういったことの知識の乏しい私にとっては多くのことを学ぶことができましたし、そこで、「自分を飾りすぎないこと」が大事なんだと悟りました。どういうことかというと、自分を飾ることなくさらけ出すことで相手も信用してくれるのです。このテレビでの情報を生かして婚活を成功させてやろうと思います。

  • 結婚活動では、お酒との付き合い方には充分に注意しましょう。

  • 真面目に結婚活動で成功したいなら、アルコールの扱い方には注意しておきましょう例えば、アルコールを飲むことで性格が豹変してしまう方なんかは、大変にまずいです。実際、普段は優しい人なのにアルコールを飲むと横柄になったり態度が豹変する人もいます。近年、女性でも男性のようにアルコールを飲むことも少なくないので、男性も女性も、お酒が原因で良縁がダメにしないように飲む量を考えておきましょう。どうしても、あなたが、お酒の趣味を捨てられないのならば、お酒好きの異性との出会いを増やすか、つらいとは思いますが、結婚活動を成功させるためと腹をくくり、思い切って断酒することも選択肢に入れてみるのはいかがでしょう?

  • もしあなたが、本気で結婚活動している、パッと結婚してしまいた…

  • もしあなたが、真剣に婚活に打ち込んでいて、すばやく結婚する相手を見つけ結婚してしまいたい、と思っているのなら、相手もあなたと同じレベルのはやく結婚したいという相手を探しておかないと夢のまま終わってしまいます。ご存知かどうかわかりませんが婚活でするパーティーでは、真剣にパートナーを探しに来る人、恋愛相手をカジュアルにもとめている人・婚活初心者の、という人など、実にいろんな人によって構成されています。あなたと同じくらい本気な人を見つけたいなら、一人で参加している人を探してどんどんコミュニケーションを図ってみてください。というのは、基本的に、ひとりで行動している人というのは、複数人で参加している場合と比べると、結婚願望が強い人が多いと言えるからです。

  • 近年の婚活事情では、男性の年収が300万円ぐらいの場合だ…

  • 近年の結婚相手を探して婚活するのでは、年収300万ぐらいの男性に関しては、はっきりいって資格のある女性は大きな強みになっています。ところが年収が500万円程度の場合だと、アルバイトレベルでもいちおう働く意思を持っていると、専業主婦にはなりたくない、という気持ちを表明しておきましょう。さらに上、つまり相手の年収が700万円クラスの場合なら、専業主婦になり、きちんと子育て・家事全般にがんばるつもりであることを訴えるのが望ましいです。こういった形で相手のニーズを掴むと、相手は将来に安心感を覚え、パートナーとしての信頼を勝ち得やすいのです。それに、時間をムダにすることなく、女性側が婚活の選択肢を増やせます。

  • 結婚活動をしている人のなかには結婚を考えたとき相手に何を求めるかと聞かれた

    結婚活動において、結婚相手に求める条件としてお金なんかより愛情に重きをおいてい…

    婚活(結婚活動)において、結婚を考えたとき、一番に何を求めるかと聞かれたときお金以上に愛情を優先していると言う人もいるかもしれません。ですが、現実、プロフ欄でまず最初に目が行くのは顔なんです。次に年収、次に職業がチェックされます。そういう根拠として、ルックスがよくない人、は婚活では人気が全くありませんし、年収が500万円に満たない男性の場合ですと、会うこともできないのです。職業に関して女性の場合は、いい歳なのに家事手伝い、と記入すると、家計をともに支える気持ちがない人、と男性から判断されてしまい、結婚対象としてスルーされる可能性が高いです。といったように婚活で最も重視されることを疎かにしていると、会って話をする段階すら踏めず、気づけば何十連敗、、、と最悪な状況に陥ってしまうおそれがあります。

    恋愛から結婚していくのは、いろんなハードルがつきものといえます。

    恋愛から結婚、となると壁も多いです。具体的には、自身と相手との相性や生活の相違を否定しないかどうかです。相性に関して言えば、趣味が同じであるとか、好きなものが似ている、でしょうか。そして、価値観に関して言えば、大切なものは何か、といったことになるかと思います。お金・友達・家庭などそれぞれに感じる価値観は個人によって違います。生活に関しても、細かく言うと朝起きる時間や、寝る時間も違って当たり前です。すべてが一緒でないとうまくいかないわけではありません。また、似通っている必要もないのです。上記にも述べたように、容認できるかどうか、です。また見た目で判断すれば結婚には繋がらないのです。ただし、解釈を変えると、その点をクリアすれば、婚活は楽になります。とにかく、相手の内面を知らない限りは、結婚にならないのが現実です。ですから婚活を今後考えるのなら、相手の中身まできちんと観察する能力が必要となります。人の内面を見る力が優秀であれば、婚活もかなり楽になるのは間違いありません。

    お見合いパーティーなどの婚活イベントにはいろいろな方が…

    お見合いパーティーには様々な方が参加されています。婚活イベントにも関わらず、結婚相手ではなく女友達とか合コン相手を求めている方もいらっしゃいますし、真剣に交際する相手や将来の結婚の相手を探しにきた方も多くいらっしゃいます。女友達やコンパをする相手を探しにきた場合は、先の婚活につながることもあります。ところが、参加者の中にはまじめに付き合う気持ちなど全くなくて、今日一晩の遊ぶ相手を求めている場合も残念ですがあるようです。私が会った男性の中に、「今晩一緒に過ごしませんか?」と口を開くなりすぐ尋ねてきた男性がいました。とっさに「は?」と聞き返してしまったのですが、彼は「夏なので解放された気分だから、女性もそういう気分で来ている人が絶対いるはずだと思った」ということだったのです。正直、ドン引きしてしまいました。私は当然お断り申し上げたのですが、私を誘ってきたその男性は最後にはめでたくカップル成立していたので、参加されていた女の人の中にも本当にそういった考えの人がいたという訳になるのです。このことは、とても驚いたことでした。

    結婚活動で相手と話をするときには、話しのパターンとして趣味を質問されること…

    結婚活動で出会った異性と話をするとき、話しのパターンとして趣味を質問されることがとても多いものです。そして私は気づきました。それは「ジム通い」または「映画鑑賞する」と返答する人が私が結婚活動で話をした相手の50%を占める勢いで多いということです。結婚活動でするパーティーに出てみると、確率的に2~3人と話せばひとりがジム通い、もしくは映画鑑賞と答えるので本当に驚きでした。本当にそうなのかはそのどちらかが趣味かどうか、についてはわからないのですが、婚活パーティーに参加するならあなた自身もジムを利用してみたり、(ジム通いは結婚活動のためとはいえ健康的だし自分のためにもなります。一石二鳥です。)話題の映画ぐらいは観ておくと話しのきっかけにもなるはずです。

    もしもあなたが今後、婚活を目的としたパーティーに参加する場合

     

    あなたが今後、婚活が目的で主催されるパーティーへの参加を視野に入れているのな…

    もし、婚活を目的とするパーティーに出る場合、プロフィール欄を記入する際、趣味を極力、正確に書いてください。それから、自分の趣味ばかりでなく、女性が共感できる趣味も記載して、アピールポイントとしましょう。相手によっても興味のあるなしはあります。しかし、ショッピングや旅行、あるいは、グルメなどは、好きな女性も多いです。そしてもし、女性とグルメに関して話しをすることができたら、「できれば、ステキなお店にどうでしょう?」といった感じで自然な形で次に繋げることができるので記入しておくのがベストです。また、共通の趣味があることで会話もスムーズに進められるはずです。

     

    あなたが結婚相手を見つけるために、結婚相談所などに登録して婚活を始めると、…

    結婚相手を見つけるため、結婚相談所に会員登録をして婚活を始めたものの、何度も門前払いな扱いを受ける経験をすることもあるでしょう。どういうことかというと、あなたのプロフィール欄をチェックした時点でお断りされたり、相手の選択肢から除外されることです。また、門前払いとまでいかなくても運良くお見合いをしたあとにやっぱり断られることもあります。でも、とにかく、くじけずに立ち直った人が最終的には勝ちます!そのくじけない原動力というのは人によりけりでしょうが、年齢に関係なく、「自分の家系を絶やさないためにもがんばるぞ」というような大義があれば、いつの日にか、良いご縁に巡り会える、結婚できる、と前向きな気持ちになれるはずです。因みに私が、断られても立ち直ることができたのは、結局のところ身体の関係を持ちたいと思うスケベ根性が婚活でのがんばりに繋がりました。というわけで、あなたも結婚活動の途中で挫折しないように、自分を突き動かす原動力となるものを意識して婚活していくように考えてみましょう。

     

    姉・妹との仲が良好な男性と付き合っている場合、いざ結婚後のことを考えたと・・

    姉・妹との仲が良好な男性と交際しているなら、後々のことを考えたとき、気が重くなってしまい身構えたくもなりますよね。あなたにとっては、義理の姉妹ですが、夫になる人から見ると、とても大切な家族なのは変わりません。けれども、考えようによっては、義理の姉妹ほど心強い存在はありません。仲良くすることができれば、あなたの味方となってくれる可能性もあります。なぜかというと、女性の最大の味方も女性だから。けれども、義理の母親となる人の場合は、そういった期待はできません。もちろん、すべての人がそうだ、というわけではありませんが、義母は、夫婦間で意見が衝突することになったときに、息子をサポートしたいがために、どのような理由か関係なくあなたが何かしたわけでもないのに責めようとするものです。しかし、義理の姉・妹は、あなたに問題が無い限り、助けになってくれる可能性が高いものです。あなたも義理姉妹との関係が良好であれば、結婚生活はかなり快適なものへとなるのです。

     

    利用者が多く評判の良い結婚相談所を利用するようにな…

    評判の結婚相談所で前向きに婚活をするようになり自分自身をレベルアップさせることに積極的になる男性がかなり増えつつあります。専任のコーディネーターからアドバイスしてもらえたり、女性とのデートを何回も経験していくことにより、これまで、恋愛に対して無頓着に生きていた男性が洗練されて、魅力のある男性へと変身していく事例がかなり多いようです。やはり、そんな体験談を目にすると、勢いって大事なんだなーと痛感しました。そしてまた、婚活は決してムダにならないと感じます。結局のところ結婚するためには、自分磨きは怠ってはいけません。結婚相談所を有効に活用することで女性に興味をもってもらえる魅力的な男性に成長できれば良い結果も必ず出せるはずです。状況が良くなるのなら、試してみる価値は大いにあります。

     

    結婚活動で成功するには、何か重要なものが要る?

    結婚活動(婚活)を有利に進めたい場合、何かしら重要なものが要るのではないか…

  • 結婚活動(婚活)を有利に進めたい場合には、何かしら特殊なアイテムがあると思っていました。結婚活動を始めたときは自己流で結婚活動(婚活)しても、何とかなる思っていたのですが、良い相手を見つけるのは駄目だったです。思えばですが、婚活しようと意気込んでいただけでどうすればパートナーが見つかるのか、全く知らなかったのです。早々に行き詰まってしまったので、ネットで調べたり周囲の人に聞いてみたりして、ネットを用いて結婚活動できるということを知ったのです。そうして必死にインターネットを使用して、結婚活動していくことにしたのです。すると、幸いにも、まずまずの変化が出始めました。ネットでできる婚活サイト、というものは大量に存在してて、面白いと思いました。気に入ったものに登録してみたら、今まで行き詰っていたことが嘘のように、選択肢が広がりました。個人的には、結婚活動(婚活)するならインターネット環境こそが最低限必要だ」と悟りました。きっと、間違ってはないと思います。

  • 結婚活動サイトなどのネットを介して接点を持った異・・

  • 今まで婚活サイトなどのネットを通じて意気投合した異性と実際に外で会ってみたら、全くイメージと違っていた!といった事態がそんなに珍しくはありません。婚活サイトに掲載されるプロフィール写真は、男女共に実際の3割程度、見た目が良く映っている、ものである、と見るのが無難です。それは何度も繰り返し撮影していった画像の中のベストな写真を選んでいることが殆どなので、実物を目の前にして「騙された」と感じるのは、ある意味しょうがないのです。加えて、フォトショップのような画像加工ができるツールもカンタンに使える時代でもあります。ですので、結婚活動サイトなどネット上でパートナーを見つけるつもりなら、相手の実際の容姿は、プロフィール写真よりも3割ほど点数を下げてイメージしながら婚活していきましょう。

  • 占い|結婚活動によって意気投合した人との連絡を取るための手・・

  • 婚活によって出会った人とのやり取りにLINEなどのSNSサービスを使用するのは避けるべきです。LINEなどのSNSサービスは使えば、非常に気軽で経済的であるという利点はあるものの、フランクな関係に陥りやすく、「結婚を前提とした真剣なお付き合い」という観点からみると不向きだからです。したがって、メールを含む、携帯電話上でのメッセージでのコミュニケーションは可能な限り控えましょう。そして、会話することをメインに考えておきましょう。そうすることで会話によって、メッセージ上で生じる誤解をゼロにし、結婚に対する互いの価値観を知るほうが結婚相手としてふさわしいかの判断がしやすくなります。つまり、直接のコミュニケーションこそ婚活の成功にはとても重要なことであり、メッセージでのコミュニケーションには注意です。

  • 人を見た目で決めつけるのはよくないこと、なんて言います…

  • 相手を見た目だけで決めつけるな、なんて言いますが、結婚活動において言うとそのような話は一切通用しません。清潔感を欠いた服装や、おかしなファッションセンスをしていると、初対面の時の汚いと感じさせてしまった第一印象を挽回することはかなり難しく相手は距離を置きたがりますし、さらに、誤解されてしまい、次に会ってもらえる機会もゼロになります。当然、名誉挽回も出来ずに終わります。また、冴えない人だった、という記憶だけは残り続けるため、あなたの知らない場所でウワサになってしまうかもしれず、もしも、互いが近くにいる者同士だと、共通の知人やコミュニティがあるといった可能性もゼロではないので、万が一偶然でもあった時には、相当気まずい思いをするはずです。